最近のYouTubeを見て思うこと

YouTubeを見るのが好きな方など。

YouTuberが増えた話

最近のYouTubeはブロガー界隈のひとを含め、多くの人が流入してますね。5G回線の導入を踏まえているようですが、YouTube上で実務的なノウハウに関して動画を投稿しているひとが非常に増えたように思います。

ブログ収入は一度コンテンツさえ作ってしまえば(割がいいかは内容によりますが)不労所得です。しかし、グーグルの検索システムに生殺与奪が握られるとなると、別口で収入源を作ったほうがいいことになる。そこで、どうやらYouTubeに目が向いたという話のようです。

YouTubeの動画は、ブログと「コンテンツを作る」という点では同じですよね。なので、ブロガー界隈で二刀流が流行っているとかなんとか。

胡散臭い人もちらほらいる

ただ、私自身がある程度専門性を保証できるジャンルの動画を見てみると、うーん、となる情報も多かったりします(分野の問題もあるのでしょう)。そもそもおまえそれ多分著作権アウトやん、みたいなのもあるし……。

他のジャンルの動画について、実情がどのようになっているかはわかりません。ただ、人が増えれば増えるほど、相対的に信用できない情報も増えるということを強調しておきたいです。

とくに、もとブロガー界隈だと欲望を煽るのがうまい人も多いので、自己啓発、あるいは新興宗教染みてくるところもあります。自らが成功者だということを前面にたてて話をすることが多いですが、控えめに言っても、生存バイアスがかかっていることを考えるべきです。知人がけっこうクラっときていてウーン、という気持ちになりました。

影響力だけで食べていけちゃう業界(時代)

↑で尽きてるんですけど、要するに言いたいことは、たとえば10万人に名前を憶えて貰えて、5000人~1万人が毎日動画なりブログなり見てくれるとしたら、それだけでかなり贅沢な生活ができちゃう業界(時代)がある、ということです。多くの人のほんの少しの善意をかき集めると、結構すごいことになるっていうやつですね。

だから、自分たちのほうを向かせようとみんな必死になるし、そのぶん、欲望を煽っているような情報も増えると思っています。

このブログを見に来る方々はこういうことにいちいち困らないのかもしれませんが、念のため、書いてみました(私も、退職しようとしていた知人の件がなければ書かなかったかもしれません)。

※退職が無条件に悪いとは言いませんが、かなり重い決断なので慎重にすべきだと考えています。